マンション買取価格の相場
 
日々の出来事
 



不動産を売却するときは入居者がいない方がいい

普通は、住居人の退去をいつにして不動産売却するかは好きに売り主が決めていいことになっています。ですが、誰も住んでいない物件として売り出した方が高く売れるでしょう。内覧をする顧客がいても、入居者がいる場合は忌避されることにもつながるので、できれば引っ越しをあまり引き延ばさない方が大きな利点となります。巨額の取り引きともなりうる不動産売却では、それなりの経費も当然かかります。不動産業者への仲介手数料にしたって高い売却額が得られればその分高額になるものですし、取引で利益が出た場合、譲渡所得税の支払いが必要なこともあります。取引書類の作成費用や印紙代といったコストもかかります。また、住居である物件の売却であれば、引っ越しの出費も加味する必要があるでしょう。住宅などの不動産を売却する際の手順は、簡単にいうと8つの段階に分けられます。はじめに行うべきことは市場相場を知り、だいたいの売却額をイメージすることです。そして自分の力になってくれそうな不動産会社をいくつか選択します。何社からか査定を取り、金額や対応を検討します。査定に納得したら媒介契約です。媒介契約が済んだ不動産は売り物として販促活動が始められます。買い手が現われたら諸条件を詰めていきます。折り合いがついたところで売買契約となり、契約書の内容の通り物件の引渡しと料金の支払いが行われ、取引終了です。


8月19日(金)11:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | 社会 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ
じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン