マンション買取価格の相場
 
日々の出来事
 



2016年7月を表示

土地や家屋が担保に入っている場合、売ることはできるのか

結論から言うと、担保に入った状態でも自由に売買できますし、売買に伴う所有者移転登記も可能です。とはいっても、抵当権を設定する原因となった借入を行った方が債務を完済しない、あるいはできないとなると、その物件は競売にかけられ、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。つまり抵当権が残ったままの不動産は危険要素が満載ですから、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。ご存知の方も多いと思いますが、不動産の査定を受ける場合、「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」という二つの選択肢があります。所要時間も変わることを留意しておきましょう。査定方法を簡易査定にしたケースでは、およそ1時間を目安にしておけば十分でしょう。対する、訪問査定ですが、実際に物件を見て回るのは30分から1時間と、簡易査定と変わりませんが、そのあと役所や関係省庁のもつ資料に対しても査定の範囲を広げるため、数日から1週間前後かかることもあると考慮してスケジュールを組んでおいてください。一概に不動産を売却するときはリフォームをするものだとは言えません。それどころか、何百万もするリフォームを施したところで、売却価格がその分よくなるとは誰にも言えません。意図してリフォームを施すとすれば、購入希望者が内覧に来たときに目について影響しそうな箇所をメインに行うのが元が取れるかもしれません。加えて、明るくて広い部屋に見えるよう、汚れや余計なものを取り除いておくと過剰なリフォームは不要です。不動産売却に臨む前に界隈の物件の相場を知っておくというのは必須条件でしょう。なぜなら、相場を把握できていないと査定で非常識な価格を提示されても鵜呑みにしてしまい、本来なら得られるはずの利益が得られなくなるということも十分起こり得るからです。それだけでなく、目安ともなる物件相場の情報を持っておくことは交渉の結果をも左右するかもしれません。できるだけ幅広く情報をゲットしておきましょう。簡単なことですが、不動産の査定を実施する不動産会社の善し悪しを判定する目安に、不動産の免許番号があります。担当者の名刺に宅建取引業の免許番号の記載がなければ、営業に必要な免許を取得していない、いわゆる無免許業者かもしれません。また、第何号という番号の前につくカッコ内の数字は免許更新回数を表すので、長年営業しているところほど数字は大きくなります。でも、例えば大阪府で実績のある老舗が他県に営業所を設置する際は、カッコ内の数字が1になるため、必ずしも実績が少ないと断言するのは誤りです。


7月9日(土)16:31 | トラックバック(0) | コメント(0) | 社会 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ
じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン